ここでは、作者TKの絵とマンガの歴史を書いてみましょう。
果たしてヤツはあなたの身近の人間で考えると、どの程度の実力なのか?


〜黎明記〜
1965年10月に生まれる

幼児の頃 絵を好んで描いていたらしい・・(記憶なし)。
小学校2年の時 映画「大脱走」の本の挿絵を模写して親に誉められる。絵で誉められた最初の記憶。
小学校2年、3年 校内スケッチ大会で連続して賞状をもらう。僕がもらった賞状はこれだけだ(笑)。自分は絵が得意なんだなあ・・・と漠然と思う。
小学5年 小学校の頃、水島新司の野球マンガが好きで、ちょくちょくカットを模写する。あと、車・兵器が好きで、何人かの友達の新品ノート表紙に、リクエストを受けて車・軍用機・戦艦などを描いてあげたりする。
中学校1年 宇宙戦艦ヤマトにハマリ、描きまくる。それがクラスに認められ(笑)、運動会の組ボード描きのクラス1名代表に選ばれる。
中学3年 部活は体育会系だったので、美術的な成長はなし。ずーっと5段階の「3」をキープ。
高校入学 オタクッぽい友人に「ガンダム」を紹介され、ハマル。同時に「うる星やつら」にもハマル。
高校2年 美術&音楽は選択科目だった、でなぜか音楽を選ぶ。部活は体育会系。
高校3年 吉川英治「三国志」にハマリ、ひたすら描く。少し遅れて人形劇「三国志」も始まったので、エスカレートする。将来マンガ家になって三国志の連載をしたいなどと思う。
大学入試 武蔵野美術大を受験>落ちる。多摩美術大学を受験>落ちる。で、受かった普通大学に行く。

 
〜まんが道の始動〜

大学に入学、マンガ家になるために賞への投稿を始める。

19歳

(後期から大学休学)

第1作 少年サンデー 2次審査まで残る

第2作 少年マガジン 努力奨励賞(3万円)

20歳

(10代でデビューできなかったことを残念に思う(爆)。バイトで自活開始)

第3作 少年マガジン 最終選考

第4作 少年マガジン 落選

第5作 少年マガジン 最終選考

21歳

第6作 少年マガジン 最終選考

第7作 少年マガジン 落選

第8作 少年ジャンプ 落選

22歳

(この辺記憶あやふやです)

第9作 ヤングマガジン 2次審査?

第10作 ヤングマガジン 奨励賞(3万円)

第11作 ヤングマガジン 落選

23歳

第12作 ヤングマガジン 2次審査

第13作 ヤングサンデー 最終選考

第14作 ビッグコミックスピリッツ 落選
24歳

(就職する)

同人誌を知る
サークル「E・M・I」にスカウト(?)されるw

アーケードゲーム同人誌「68000」発行、200部。ワルキューレ漫画。感想3通来る。

25歳

同じく「68040」発行、200部。スト2漫画。

26歳

同じく「68030」発行、200部。ワルキューレ漫画。

27歳

(会社で少し出世する。役付き)

同じく「68305」発行、200部。ワルキューレ漫画。

28歳

同じく「Pentium」発行、200部。ツインビー漫画。

29歳

(会社で、年功序列によってまた少し出世する)

同じく「Pentium 第2部」発行、200部。ツインビー漫画。

30歳

同じく「Pentium vol.3」発行、200部。ツインビー漫画。

漫画家になるという思いを実現するため、「E・M・I」に別れを告げる。

投稿復活
第15作 アフタヌーン 最終選考

31歳

第16作 アフタヌーン 最終選考

サークル「蛸壷屋」結成。「ジェミニのてんびん」発行、300部。H漫画を初めて描く。

32歳

(辞表を提出)

フリーとなる。今日も絵でご飯が食べれますように。

・・・・・・・・・・

以上、簡単ながら我がまんが道。


BACK